オトクトリップ!

オトクな旅の旅行記、ときどき雑記

ウイスキー好きにはたまらない、本物の味を味わえるニッカウヰスキー「余市蒸溜所」

日本のウイスキーの父と呼ばれるニッカウヰスキーの創業者・竹鶴政孝が、夢の出発地として選んだ北海道・余市。NHKの朝ドラ「マッサン」の舞台にもなった余市蒸溜所での試飲体験が楽しかったのでレポートします。

f:id:otokutrip:20190714190309j:plain

 

1.ニッカウヰスキー余市蒸溜所とは

NHKの朝ドラ「マッサン」の舞台ともなった余市蒸溜所は、北海道余市郡にあるニッカウヰスキーのウイスキー工場です。北海道に旅行する酒飲みの方には大変オススメな観光地でもあります。

1-1.日本のウイスキーの父・竹鶴政孝

後に日本のウイスキーの父と呼ばれることになる竹鶴政孝は、酒造の家の生まれ。スコッチの素晴らしさに魅了され、単身スコットランドへ渡ってウイスキーづくりを学びました。その後日本に帰国し、国産ウイスキーを作るために蒸溜所を作ることにしました。

1-2.ウイスキーづくりに最適な場所・余市

蒸溜所をどこに作るかという過程の中で、ウイスキーづくりに最適な気候と風土で白羽の矢がたったのが、北海道の余市でした。スコットランドに似た冷涼で湿潤な気候、豊かな水源と凛と澄んだ空気。そして、モルトウイスキーの原料である大麦や、スモーキーなフレーバーをかたちづくるピートが豊富であること。これが決め手となり、余市に蒸溜所を作ることになったのです。

 

2.工場見学

さて、余市蒸溜所は他のウイスキー蒸溜所と同様、工場見学をすることができるのです。試飲もできるので、ウイスキー好きな人にはかなりオススメ!!

f:id:otokutrip:20190714190309j:plain

2-1.予約なしでも見学できる

ガイド付きのツアーは3日前までに予約が必要ですが、ガイドなしのフリーで良ければ予約は不要です。

f:id:otokutrip:20190714190327j:plain

見たことのあるオジサンがお出迎えしてくれました。

f:id:otokutrip:20190714190346j:plain

蒸溜棟ではポットスチルが並んでいます。火が入っているのでちょっと暑い。丁度、石炭をくべている?ところを見ることができました。

f:id:otokutrip:20190714190403j:plainf:id:otokutrip:20190714190418j:plain

敷地内は観光客が沢山いますが、広々しているので混雑した感じではありません。北海道の爽やかで澄んだ空気が心地よく、お散歩するだけでも気持ちがいいところでした。

f:id:otokutrip:20190714190435j:plain

f:id:otokutrip:20190714190510j:plain

2-2.試飲は2箇所でできちゃう!!

無料試飲ができるニッカ会館

ニッカ会館では、3種類のお酒が無料で試飲できるほか、お子さんやドライバー、お酒が苦手な方にもソフトドリンクが用意されています。アルコールを試飲する場合は試飲申込書で申し込む必要があります。(未成年にアルコールを提供しないためですね)

この日はゴールデンウィーク真っ只中だったためか試飲会場がとても混雑していて、1人試飲時間20分となっていました。

f:id:otokutrip:20190805142649j:plain

試飲できるお酒は、シングルモルト余市、スーパーニッカ、アップルワインの3種類。

f:id:otokutrip:20190805142039j:plain

沢山並べられたカップを1つずつ取っていきます。3種類あるので、好きなものだけ選んでもOK。

f:id:otokutrip:20190714190606j:plain

それぞれのオススメの飲み方と、美味しいハイボールの作り方も掲示してあって良心的。

f:id:otokutrip:20190714190645j:plain

氷、お水、炭酸水も完備していて、好きなように割って飲むことができます。

f:id:otokutrip:20190714190817j:plain

f:id:otokutrip:20190714190734j:plain

もちろんソフトドリンクもあります。

f:id:otokutrip:20190714190757j:plain

どれがどれなのかわからなくならないようにフタに種類を書いてあります。最初はストレートで飲んでみて、氷を入れて飲んでみて、最後にソーダで割って飲んでみて。いつもはハイボールをなんとなく飲んでるだけだけど、こうやって飲み比べてみると味や香りの立ち方が分かって面白い!

f:id:otokutrip:20190714190629j:plain

さて、私のようなおつまみがないと飲めない人のために、おつまみ自販機も置いてありました。ワインやウイスキーの味のチョコレート、クリームチーズおかき、ミックスナッツ、チーたら、スモークチーズ、ジャーキーなど品揃え豊富。長居してしまいそうです笑

f:id:otokutrip:20190714190701j:plain

せっかくウイスキーと一緒に飲むということで、ウイスキーチョコレート(210円)を買ってみました。ウイスキーがふんわり香って、もちろんウイスキーにも合うし、余った分は家で美味しくいただきました。

f:id:otokutrip:20190714190720j:plain

ウイスキー博物館では有料試飲ができる

ウイスキーの貯蔵庫をリノベーションしたウイスキー博物館では、ウイスキーの製法や種類などの展示のほか、有料試飲コーナーがあります。

f:id:otokutrip:20190714191047j:plain

ゴールデンウィークなので有料試飲コーナーも人が多かったです。

f:id:otokutrip:20190714190529j:plain

ニッカ以外にも世界のウイスキーが揃っています。ウイスキーの瓶が三方の壁の棚に沢山並んでいて、圧巻です。

f:id:otokutrip:20190714190914j:plain

f:id:otokutrip:20190714190932j:plain

15ccで数百円から試飲ができます。私自身はウイスキーは得意な方ではないのですが、ウイスキー好きな夫は2杯飲んでご満悦でした。

f:id:otokutrip:20190714190857j:plain

f:id:otokutrip:20190805145408j:plain

2-3.お土産も買おう〜

余市蒸溜所には、もちろんお土産屋さんもあります! それがこちら、ディスティラリーショップ ノースランド。

f:id:otokutrip:20190714190833j:plain

大混雑でなかなか写真が撮れなかったですが…シングルモルト余市2000'Sはお一人様1本まで

f:id:otokutrip:20190805145135j:plain

こちらの棚は1人3本まで。余市蒸溜所限定品もあります

f:id:otokutrip:20190805145246j:plain

f:id:otokutrip:20190805145518j:plain

どれを買おうか迷ってしまいますね〜。お酒好きな友達にはミニサイズのものがちょうどいいかも!!

3.せっかく余市に来たならウニ丼を食べよう!

余市蒸溜所のすぐ近くには、柿崎商店という食堂があります。ここのウニ丼がとても美味しい!!せっかく余市に行ったら是非寄ってみるのをオススメします。

f:id:otokutrip:20190805145805j:plain

 

www.otokutrip.com

 

4.施設概要

4-1.アクセス

余市蒸溜所は、小樽より更に西へ電車で約30分、JR函館本線の余市駅から徒歩2~3分です。電車の本数が多くないので注意です。

札幌市内からは車で約1時間、小樽からは約30分の場所に位置しています。

4-2.概要

施設名  ニッカウヰスキー北海道工場余市蒸溜所

住所   北海道余市郡余市町黒川町7-6

営業時間 9:00〜17:00(自由見学時間。各施設については公式HP参照)

駐車場  あり