オトクトリップ!

オトクな旅の旅行記、ときどき雑記

湯河原の温泉とシェフ渾身のイタリアンが楽しめる「オーベルジュ湯楽」宿泊記

温泉も良くてイタリアンと和の融合コースが美味しいと評判の、湯河原にある宿オーベルジュ湯楽。よく読んでいる温泉ブログや、フォローしている温泉マニアの方が大絶賛しているのを見て、いつか行ってみたいと思っていました。

何より私の心に刺さったのは、和とイタリアンの創作料理が食べられるということです♪♪和食やフレンチはよくありますが、イタリアンというのは珍しい!さらに温泉も満喫できてリーズナブルで東京からのアクセスも良いときたら、行かない理由がありません。夕食に美味しいコース料理が出てくる素敵なオーベルジュは1人1泊3万円〜など一般庶民の私にはなかなか手が出ない価格帯の宿が多いですが、こちらの宿は比較的リーズナブル。1人1泊1万円台から2食付きで泊まれて、さらに1人泊ができるお部屋もあって一人旅にもぴったりなんです!

f:id:otokutrip:20210906135814j:plain

今回はじゃらんの高額クーポンを使って、よりリーズナブルに、夫と2人でオーベルジュ湯楽を愉しんできましたのでレポートします。

f:id:otokutrip:20210906140123j:plain
f:id:otokutrip:20210906140115j:plain
湯河原駅。木質の感じが和みます。足湯ならぬ手湯がありました。

湯河原駅からは、2番バス乗り場から不動滝・奥湯河原行きのバスで「公園入口」まで230円。バス停からは徒歩約7分です。途中、湯楽の青い看板が見えたら看板の指す坂を登ります。この坂、結構急でキツい。

f:id:otokutrip:20210906140305j:plain
f:id:otokutrip:20210906140258j:plain
↑途中、湯楽の看板を発見。急な坂を登っていきます。

チェックイン

坂を登っていくと、緑に囲まれたオーベルジュ湯楽が出迎えてくれます。こじんまりとした宿ですね。もともとは普通の温泉宿だったものを改装して、オーベルジュにしたようです。

f:id:otokutrip:20210906140403j:plain
f:id:otokutrip:20210906140409j:plain
緑の中に佇むオーベルジュ湯楽。

まずはロビーでチェックイン。ソファに座ってチェックインの手続きができるのは有り難いですね。夕食と朝食の時間を決めて、お風呂の利用時間帯などを聞きます。1部屋ごとに、2つある貸切風呂のうちどちらかを利用することができ、ここで時間の予約をします。15時ちょい過ぎにチェックインしたにも関わらず、既に夕食前の良い時間帯は全て埋まっていました・・・出遅れた。仕方ないので貸切露天風呂を22時半からの枠で予約。

f:id:otokutrip:20210906140518j:plain
f:id:otokutrip:20210906140509j:plain
チェックインはロビーのソファで。

湯楽文庫

ロビーの他に、共用スペースとして「湯楽文庫」があります。お茶やコーヒーなどの飲み物が無料でいただけ、ソファで寛いだり、置いてある本を読んだりできます。利用可能時間は15時〜23時半と、朝7時〜11時。散歩の帰りには冷たい飲み物を貰いにも行きました。意外に便利です。

f:id:otokutrip:20210906141032j:plain
f:id:otokutrip:20210906141023j:plain
湯楽文庫
f:id:otokutrip:20210906181348j:plain
f:id:otokutrip:20210906181354j:plain
湯楽文庫

お部屋

今回予約したのは、「低層階和室8畳 アウトバス・ウォシュレットトイレ付き」のお部屋。色々な種類があり、リーズナブルなお部屋を選びました。大浴場や貸切風呂に入れるのでお風呂が付いてなくても全く問題ありませんでした。年季が入ったお部屋ですが2人には十分な広さです。

f:id:otokutrip:20210906141155j:plain

1階のお部屋なので眺望はなし。広縁もありません。
f:id:otokutrip:20210906142307j:plain
f:id:otokutrip:20210906142313j:plain
お茶菓子。虫除けグッズも揃う
f:id:otokutrip:20210906142424j:plain
f:id:otokutrip:20210906142418j:plain
館内のご案内

洗面所は小さいけれど、女性用のスキンケアに加えて男性用の化粧水なども置いてあります。

f:id:otokutrip:20210906142005j:plain
f:id:otokutrip:20210906141955j:plain
洗面所まわり
f:id:otokutrip:20210906142053j:plain
f:id:otokutrip:20210906142058j:plain
トイレとアメニティ

冷蔵庫には瓶ビールとミネラルウォーター。これらは有料です。その他にピッチャーに入った水が入れてあり、これは飲んでも大丈夫そうです。

f:id:otokutrip:20210906142144j:plain
f:id:otokutrip:20210906142138j:plain
冷蔵庫。中身は瓶ビールとミネラルウォーター

大浴場

大浴場は石造りと檜風呂の2箇所。どちらも露天はなく内湯のみです。男女入替制です。

石造り大浴場

まずは石造りの大浴場。この日は午後女湯になっていました。昔からの旅館を改装したみたいで、浴場自体の設えは結構古さが目立つのですが、入口や脱衣所など、できる範囲で改装している感じが見て取れて好感が持てます。

f:id:otokutrip:20210906142539j:plain
f:id:otokutrip:20210906142533j:plain
石造りの大浴場 静かな入り口が迎えてくれる

アメニティも過不足なく、困るようなことはありません。ドライヤーはパナソニック。風量も問題なし。

f:id:otokutrip:20210906142700j:plain
f:id:otokutrip:20210906142706j:plain
アメニティ

広めの浴槽で、身体を伸ばしてゆっくりできます。天井近くから源泉をかけ流していて、お湯の温度が高くて熱かった。笑 

f:id:otokutrip:20210906142735j:plain
f:id:otokutrip:20210906142729j:plain
大きな浴槽

古代檜風呂

もう一つの大浴場、古代檜風呂。チェックイン日は男湯だったものが翌朝女湯になったので行ってみます。入口は階段の途中。手前の入口は露天風呂への入口で、奥(というか上)の入口が古代檜風呂の入り口となってます。

f:id:otokutrip:20210906143356j:plain
f:id:otokutrip:20210906143349j:plain
階段の上にあるのが古代檜風呂入口。手前は露天風呂入口。

こちらの浴槽は石造り大浴場と比べるとかなりこじんまりとした大きさ。床や壁も木で出来ていて、風情がありますね。ちなみに浴室入ってすぐ左側の浴槽があるんですけど、右に細ーい通路があり、その通路の奥に右側の浴槽があるんです。昔は男性用と女性用で分けていたんじゃないかと思われる作りでした。

f:id:otokutrip:20210906143510j:plain
f:id:otokutrip:20210906143502j:plain
浴室入ってすぐの浴槽と、細い通路を奥に行くとあるもう一個の浴槽。
f:id:otokutrip:20210906143638j:plain
f:id:otokutrip:20210906143644j:plain
温泉成分表

貸切風呂

貸切は石風呂と露天風呂の2種類。お部屋ごとにどちらかの貸切風呂が無料で45分間(だったと思う)使えます。チェックイン時に予約するのですが、露天風呂は人気なので、夕食前などの時間帯は人気ですぐ埋まってしまうようでした。

露天風呂

今回は良い時間帯に予約が取れず、22時過ぎの時間帯になってしまい、写真が撮れなかったので楽天トラベルの写真を拝借しています。2人で入るには贅沢すぎる広さ。20畳くらいあるそうです。源泉掛け流しなのでちょっとヌルっとしたお湯がとても気持ちいいです。

ここも、不自然に湯船への入り口が2箇所あったり、奥に用途不明の空間があったりと、以前は男性用と女性用で分けて使っていたのだろうなという名残が見られました。

f:id:otokutrip:20210906143945j:plain

画像:楽天トラベルより

貸切・石風呂

石風呂には入れていないので、こちらも画像は楽天トラベルから。露天の方と比較するとこじんまりしています。小さいながらも露天風呂と内湯をどちらも楽しめ、プライベート感がありますね。

f:id:otokutrip:20210906144049j:plain

画像:楽天トラベルより

料理

料理が美味しいと評判なので、期待!どんなお料理が食べられるんでしょうか??

レストラン ピノ・クラーレ

オーベルジュ湯楽のレストランは「ピノ・クラーレ」。松村シェフという方が腕を振るっています!楽しみ〜〜

f:id:otokutrip:20210906144402j:plain
f:id:otokutrip:20210906144355j:plain
ピノクラーレ入口

f:id:otokutrip:20210911164643j:plain

長い廊下がワクワクを増幅させる
f:id:otokutrip:20210906144555j:plain
f:id:otokutrip:20210906144559j:plain
f:id:otokutrip:20210906144604j:plain
広いレストランも満席。キッチンの様子も見えます

夕食

夕食は「湯楽特選コース」。ランクアップした「シェフ特選コース」もあります。5月のメニューなので、春〜夏にかけての食材がたくさんです♡ 私たちは注文ませんでしたが、別注料理のメニューもありました。物足りなければ追加してもいいですね。とはいえ全然お腹いっぱいになるので、心配要りません。

f:id:otokutrip:20210906144743j:plain
f:id:otokutrip:20210906145836j:plain
本日のお品書きと別注料理メニュー

おすすめのカクテルや春のワイン、ノンアル・ソフトドリンクのメニューも豊富。

f:id:otokutrip:20210911171222j:plain
f:id:otokutrip:20210911171217j:plain
f:id:otokutrip:20210911171212j:plain
おすすめドリンク、ノンアル

イタリアンなのでもちろんビールにスパークリングワイン、白ワイン

f:id:otokutrip:20210906150047j:plain
f:id:otokutrip:20210906150039j:plain
ビール、スパークリングワイン、白ワイン など

赤ワインの他に焼酎や日本酒もあります。我々はよく飲むので白ワインのボトルを注文!

f:id:otokutrip:20210906150234j:plain
f:id:otokutrip:20210906150225j:plain
赤ワイン、焼酎、日本酒

それでは、前菜から!最初に出てきたのはホタテとフォアグラ、マンゴーのお皿。最初からフォアグラを入れてくるとは!!マンゴーの甘みが意外とフォアグラ、帆立と合って美味です。

2皿目の前菜はアスパラとグリーンピース、生ハム、卵黄のお皿です。生ハムの塩っけと卵黄のソースが美味しい、そしてアスパラとグリーンピースの緑が映える春の一皿。目にも鮮やかで美しいです。

f:id:otokutrip:20210906150403j:plain
f:id:otokutrip:20210906150357j:plain
前菜

3皿目は相模湾天然地魚のお造り!近海で獲れたお魚は新鮮で美味。種類たくさんで贅沢。甘い土佐醤油でいただきます。私は普通の醤油より九州とか土佐醤油とかの甘い醤油の方が好きです。

4皿目は山百合ポークとレーズン、南瓜、ルッコラ、発酵キャベツ。南瓜の濾したヤツがホクホクで甘くてレーズンとも合います。豚肉も柔らかく美味しい。

f:id:otokutrip:20210906150453j:plain
f:id:otokutrip:20210906150550j:plain
前菜、温菜

5皿目はお魚料理。本日の鮮魚と蕨、蚕豆、栄螺、生海苔。鮮魚は鯛だったかな?生海苔のソースが海の味がして、こちらも春〜夏の季節を感じる一皿でした。

6皿目はお肉料理。A4ランク黒毛和牛リブロースのタリアータ。色んなお野菜が付け合わせに載っています。お肉は脂も旨味があって美味。ただ、もうお魚料理まででお腹いっぱいで脂を受け付けなくなってしまい、ちょっと辛かった。。。笑

f:id:otokutrip:20210906150542j:plain
f:id:otokutrip:20210906150650j:plain
魚、肉

シメは蛸と新生姜の炊き込みご飯と、赤だしのお味噌汁、お漬物。蛸と新生姜の炊き込みご飯はさっぱりとしていて春らしい味。イタリアン風コースでも最後に味噌汁を飲むとほっとします。 そしてデザートは、、、なんだったかな。マンゴーのケーキかな?お酒も入っていたので忘れてしまいました。笑 全体を通してとても満足!噂通りの美味しいコース料理でした。

f:id:otokutrip:20210906150643j:plain
f:id:otokutrip:20210906150751j:plain
しめ、デザート

朝食

夜あんなにお腹いっぱいだったのに、何故朝になるとお腹が空くんでしょうね。朝ご飯のお品書きです。

f:id:otokutrip:20210906145434j:plain

朝からこんなに品数食べられるのは嬉しいですね。普段朝ご飯食べないけど、こういうのはいくらでも食べてしまいます。

f:id:otokutrip:20210906150922j:plain

朝食全容

 

f:id:otokutrip:20210906150951j:plain
f:id:otokutrip:20210906150957j:plain
干物はこの辺の名産。
f:id:otokutrip:20210906151030j:plain
f:id:otokutrip:20210906151036j:plain
ドレッシングいろいろ。ご飯のおとももいろいろ。
f:id:otokutrip:20210906151106j:plain
f:id:otokutrip:20210906151059j:plain
f:id:otokutrip:20210906151054j:plain
和牛のしぐれ煮、デザート

施設概要

施設名  :湯河原温泉 源泉かけ流しの宿 オーベルジュ湯楽

住 所  :神奈川県足柄下郡湯河原町宮上528

チェックイン  :15:00

チェックアウト:11:00

ア  ク  セ  ス:JR東海道線 湯河原駅からバスで「公園入口」下車、徒歩約7分

客 室 数:19室

まとめ

噂に違わず、温泉よし、料理よし、そしてコスパよしの3拍子揃った素晴らしいお宿でした!

次はもうちょっと予算を積んで、掛け流し檜内風呂付きのお部屋に泊まってみたいですね。そして、美味しいと噂のシェフ特製コースのトリュフ御飯(湯楽特選コースでは選べなかった!泣)と、お誕生日特典のブイヤベースを食べに、また来たいと思います(^^)

 

🔻おすすめオーベルジュのご紹介はコチラ!

www.otokutrip.com