オトクトリップ!

オトクな旅の旅行記、ときどき雑記

雲の上の寝心地、ラグジュアリーなステイ「ウェスティンホテル大阪」

2019年のお正月にウェスティンホテル大阪に宿泊してきました。エクスペディアではたまに割引クーポンを配布しているのですが、今回年末年始の宿泊限定で90%OFFクーポンが出たんです。1時間もせずに終了したプレミアムクーポンでしたが、夫が頑張ってクーポン利用に成功したので2人で1万円弱で泊まることができました。 「ウェスティン大阪」の画像検索結果

 画像出典:レストラン | ウェスティンホテル大阪 | 大阪駅徒歩7分のホテル【公式HP】

 

1.ウェスティンホテル大阪

1993年開業、新梅田スカイビルとウェスティンホテル大阪を中心として形成する新梅田シティ内に位置する。大阪駅からは徒歩7分程度の場所にあり、ヨーロッパクラシック調で統一された高級シティホテル。

基本情報

住所     :大阪府大阪市北区大淀中1-1-20

聡部屋数   :304室

チェックイン :14:00

チェックアウト:12:00

アクセス

 JR大阪駅から徒歩7分、阪急梅田駅から徒歩9分、地下鉄梅田駅からも徒歩9分。大きな荷物があると、徒歩7分でも歩きたくないですよね。JR大阪駅からは15分毎にシャトルバスが運行しています。シャトルバスだと約10分でホテルに着きます。

シャトルバス乗り場

画像出典:シャトルバス | ウェスティンホテル大阪 | 大阪駅徒歩7分のホテル【公式HP】

f:id:otokutrip:20190107075504j:image

2.チェックイン

大阪駅からシャトルバスで約10分、快適にホテルまで運んでくれます。お正月なので門松でお出迎え!

f:id:otokutrip:20190107075703j:image

ロビーには屏風の絵があったりシャンデリアが吊られていて高級感漂います。f:id:otokutrip:20190107075720j:image

ロビーラウンジからは大きな窓の向こうに庭園が広がっているのが見えます。

右奥は朝食会場のレストラン。

f:id:otokutrip:20190107075733j:image

こんな螺旋階段もありました。高級感・・・f:id:otokutrip:20190107075747j:image

エレベーターホールも大理石と欧風ランプで高級感溢れる感じ。我々のような薄給サラリーマンの身の丈に合わない感じがプンプンしますが・・・エクスペディアで90%オフなので泊まれちゃうんですね〜。エクスペディアさまさまです。90%オフクーポンを掴んだ夫にも感謝。

f:id:otokutrip:20190107075801j:image

今回の滞在は公式HPからではなくエクスペディアからの予約です。せっかく90%オフなので高層階ラグジュアリールーム(間取りは低層階の一般的なお部屋と同じ)の朝食付きプランを予約してあります。ゴールド会員だとメールしてありますが、アップグレードなるか?!

3.ラグジュアリールーム

残念ながらアップグレードなしでした。22階のラグジュアリールームへのアサイン。まぁ繁忙期なので期待してはいけないってことでしょう。今回もクラブラウンジへの入室は叶いませんでした。やっぱりクラブラウンジに入りたいんだったら素直にクラブフロアを予約するべきですね。

2203号室

2203号室でした。26~30階がエグゼクティブフロアでラウンジ入室権があります。ラウンジ入りたかったなぁ〜…笑

間取りはこんなんでした。ベッドがダブルですがほぼ同じです。

お部屋の間取り

画像出典:ラグジュアリールーム | ウェスティンホテル大阪 | 大阪駅徒歩7分のホテル【公式HP】

f:id:otokutrip:20190107075826j:image

このベッドの寝心地は最高でした〜。ヘブンリーベッドといって、ウェスティンブランドが独自に開発したんだとか。本当に雲の上の寝心地!!

f:id:otokutrip:20190107075844j:image

洗面所は2ボウル。

f:id:otokutrip:20190107075856j:image

お風呂は浴槽とシャワールーム、トイレが同室で分かれています。

f:id:otokutrip:20190107075923j:image

f:id:otokutrip:20190107075935j:image

パジャマと浴衣が用意されています。クローゼットにはバスローブもありました。f:id:otokutrip:20190107075945j:image

バーコーナー(と言ってよいのか?)にはカップやアイスペール、湯沸かしポットなどがありますがネスプレッソ的なコーヒーメーカーはありません。

f:id:otokutrip:20190107080023j:image

冷蔵庫には有料の飲み物。ミネラルウォーターだけ無料でした。

f:id:otokutrip:20190107080057j:image

アメニティ

ウェスティンオリジナルのホワイトティーシリーズ。シャンプー、コンディショナー、ボディソープ、ボディローション。固形石鹸もあります。爽やかな香りで癒されます♬f:id:otokutrip:20190107080113j:image

ホテルの売店でもひとつ300円(!)で売っています。部屋にあった分は全部持ち帰りました。貧乏根性が透けてしまう・・・!

眺望

大阪最高峰の夜景をうたっています。右手に大阪駅が見えます。

f:id:otokutrip:20190107080129j:image

左手には新梅田スカイビル。

f:id:otokutrip:20190107080139j:image

4.ブルーバー

 ホテルの1階にはバーがあります。モヒートが美味しいらしいので行ってみました。f:id:otokutrip:20190107214720j:image

お店の内観は暗くてうまく写らなかったので公式HPから拝借。すごいゴージャスな空間です。

ブルーバー

画像出典:エグゼクティブ バー 「ブルーバー」 | ウェスティンホテル大阪 | 大阪駅徒歩7分のホテル【公式HP】

こちらがバーカウンター。たくさんお酒が並んでいます。

f:id:otokutrip:20190107080304j:image

バーテンダーさん曰く、ホテルが混んでる時はだいたいバーも忙しいが、年末年始は家族連れが増えるのでバーだけは忙しくないんだとか。静かなバーで美味しいお酒を飲めて癒されました。

 

こちらはヘブンリーモヒート(2,500円!)。

f:id:otokutrip:20190107214913j:image

 

  • 標高2300m雲の上で熟成された上質なラム「ロン サカパ XO」を使用。
  • 100%天然甘味料「オーガニックシロップ」で体に優しい。
  • 茶の湯の祖「千利休」も愛した上質の水「山崎の水」を使ったソーダ水。
  • 大阪産のミントを使用。中央市場でもこだわりの一品。
  • メキシコ産ブランドライム「キングベガ」。最高級のライムです。
  • バカラグラスに注がれる一品は口当たりよく、上質感も感じさせます。

 引用:Premium ~MOJITO~ 贅を尽くした極上の一杯 | ブルーバー | ウェスティンホテル大阪 | 大阪駅徒歩7分のホテル【公式HP】

めちゃくちゃこだわってますやん!私はお酒の味あまりわからないのですが、夫が「美味しい!!」と言ってたので多分すごく美味しいんだと思います。

5.朝食

 朝食は1階のレストラン「アマデウス」でとります。

f:id:otokutrip:20190107214959j:image

シェフが焼いてくれるオムレツ。

f:id:otokutrip:20190107215007j:imagef:id:otokutrip:20190107215035j:image

結構混雑していたので写真があまり撮れませんでした。

f:id:otokutrip:20190107215055j:image
f:id:otokutrip:20190107215111j:image

ガラス張りで天井も非常に高いので、開放感があり明るくて爽やか。窓の外は庭園でした。

6.まとめ

高級ホテルブランドのウェスティン、さすがにヨーロッパ風のゴージャスな内装でビビりました。笑

ホテル自体は悪くないのですが、前日にあべのハルカス最上部にある大阪マリオット都ホテルに泊まっているためどうしても比較してしまいましたね。

開業してから20年以上経っているためか、設備などに古さを感じてしまいました。駅からのアクセスも悪く、シャトルバスを待たなければならないのがちょっと不便。それから眺望も売りにしているようですが、マリオットの夜景を見てしまうと「ふ〜ん、それで?」って感じで特に感動もありません。朝食も取り立てて美味しいというものはありませんでした。安いクーポンが出たらまた泊まってもいいかなぁ〜と思います。エグゼクティブラウンジに入れれば満足度は高かったかも!

 

www.otokutrip.com

 今回の大阪旅の旅行記はこちら!

 

www.otokutrip.com

 

 

www.otokutrip.com