オトクトリップ!

オトクな旅の旅行記、ときどき雑記

石段街を登って疲れたら、源泉湧きたての「伊香保露天風呂」でスッキリしよう

伊香保温泉といえば、黄金色の温泉と石段街ですよね。石段街に沿って射的や雑貨屋さん、お饅頭屋さんなどが軒を連ね、観光客で賑わいます。

石段街の頂上にある伊香保神社のもっと奥、源泉のすぐ横に、森の中の露天風呂があるのをご存知でしょうか?石段街を登って一汗かいたところにある露天風呂で、ひとっ風呂浴びてスッキリできるのがとても気持ちいいんです!

f:id:otokutrip:20190328124914j:image

1.伊香保露天風呂とは

伊香保温泉は、古くから人々に愛されてきた茶褐色の「黄金の湯」と、平成になってから湧いた比較的新しく無色透明の「白銀の湯」の2種類があります。黄金の湯は子宝の湯として親しまれており、婦人病にも効果があるのだとか。

黄金の湯が湧き出している源泉のすぐ近くに作られた共同浴場が「伊香保露天風呂」。男女とも露天風呂だけで内湯もないし蛇口から出るのも水だけというシンプルな浴場ながら、源泉すぐの泉質の良いお湯はとても人気があります。

1-1.概要

f:id:otokutrip:20190328124713j:image

住所   〒377-0102 群馬県渋川市伊香保町伊香保湯本581

営業時間 4月から9月:9時から19時

     10月から3月:10時から18時

定休日  毎月第1木曜日・第3木曜日(祝日、祭日の場合は営業)

料金   大人450円、子供200円(1歳未満の乳児は入浴できません)

1-2.オススメの時間帯

土日は結構混雑するとの噂。また、洗い場にはボディーソープやシャンプーなどがなく、蛇口から出るのは水だけ。なので、みんなかけ湯だけして温泉に入るということで、人が入る度にだんだんお湯も汚れてくることが予想されます。

そこでオススメなのは朝一の時間帯。できれば平日がいいですが、土日でも朝一ならお客さんは少ないと考えられます。

ちなみに私は3月中旬の金曜日、お風呂が開く10時前に行きました。開場待ちしているのは女性は私1人だけ、男性も2人だけだったので、源泉湧きたての一番風呂に入れてしまいました!

2.アクセス

伊香保露天風呂へは、せっかくですから石段街を登って行きたいところです。

石段街の最下段にあるバス乗り場「石段街口」からは、徒歩で約20分。ずっと上りの階段なので結構体力を使います。とはいえ、普段全く運動をしない30代女性の私でも汗かきながら普通に上れたので、足が悪くなければいけると思います。

こちらが石段街口バス停近くです。ここから石段街頂上の伊香保神社まで階段を登って行きます。

f:id:otokutrip:20190328124142j:image

石段街沿いには雑貨屋さんや射的屋さん、お饅頭屋さん、レストランなど色々なお店が軒を連ねているので、立ち寄りながら登ると楽しいですね!
f:id:otokutrip:20190328124211j:image

私のオススメは、伊香保神社のすぐ手前にあるお饅頭の「勝月堂」。温泉饅頭の元祖である湯の花饅頭は、疲れた体に程よい甘さが沁みます♬美味しすぎたので2日連続で食べちゃいました。笑

f:id:otokutrip:20190414143903j:plain

www.otokutrip.com

伊香保神社に着いたら、道程の半分です。
f:id:otokutrip:20190328124324j:image

ここからは階段ではなく、緩やかな上り坂。

f:id:otokutrip:20190328124512j:image

どんどん奥へ進むと、真っ赤な河鹿橋が見えてきます。この時は冬の時期だったのですが、初夏の新緑や秋の紅葉の時期には美しい写真が撮れます。

f:id:otokutrip:20190328124359j:image

車で来た方は、河鹿橋近くに無料の駐車場があるので、こちらに停めて、ここからは徒歩になります。

更に奥へ進むと、伊香保温泉飲泉所という東屋が見えてきます。

f:id:otokutrip:20190328124421j:image

温泉を飲めるということで、手ですくって飲んでみました。

・・・不味い!!

鉄の味です。たくさん飲むと体に良いみたいですが、こんな不味いものをたくさん飲める人がいるのだろうか。。。お水でお口直しです。
f:id:otokutrip:20190328124443j:image

更に奥へ進むと、こんな風流な感じの壁が見えてきます。これが露天風呂の壁なので、入口はもうすぐそこです!
f:id:otokutrip:20190328124535j:image

3.伊香保露天風呂に入ろう

10時の開店前に来たので、まだ入口が閉まっています。
f:id:otokutrip:20190328124553j:image

入口のすぐ近くには、伊香保源泉地なる碑がありますね。
f:id:otokutrip:20190328124619j:image

奥にはドーム型のガラスがあって、お湯が湧き出しているのが見えます!湧き出してすぐのお湯に入れるというのは良いですよね〜
f:id:otokutrip:20190328124635j:image

昭和34年に完成した第二号源泉とのこと。第一号はどこにあるんでしょうね?
f:id:otokutrip:20190328124653j:image

源泉を見ていたら10時になりました。先に来ていた男性2人が受付を済ませたら、私の番です。
f:id:otokutrip:20190328124713j:image

料金は券売機で購入する感じ。会社の福利厚生で40円引きの410円で入れました。関越フリーパスというのを持っていると250円になるんですね!

また、タオルは買取で小さいものでも300円するので、持っていくことをオススメします。私は持ち込みましたが、白いタオルが茶色になってしまったので、汚れても良いものを持って行った方がいいかも。

そのほかにも湯の華やビニール傘、「いしだんくん木札」、「いしだんくんボールペン」なるグッズも販売しているようです。

f:id:otokutrip:20190414150213j:plain

ちなみに、この子が「いしだんくん」だそうです。伊香保温泉のゆるキャラだそうですが、伊香保温泉にいる間一度も見なかったような気がします。

f:id:otokutrip:20190414151321j:plain

さて、料金を支払ったら温泉へ。女湯へはこちらから。
f:id:otokutrip:20190328124729j:image

女湯は奥のようです。
f:id:otokutrip:20190328124750j:image

写真を撮り忘れましたが、ロッカーには鍵が掛けられるようになっています。

一番風呂です!誰もいないので源泉湧きたての露天風呂を独り占め!贅沢〜〜!!

お湯は源泉すぐ近くなので新鮮で、とても泉質が良い感じ。ずっと入っていたい気持ち良さです。石段街を上がってきていい感じに汗をかいて疲れているので、身体が癒されていくのがわかりますね。

f:id:otokutrip:20190328124846j:image

洗い場はあるものの、冷たい水しか出ないのと、ボディーソープやシャンプーの用意がないのでかけ湯で入るしかありません。

左がぬる湯、右があつ湯でしたが、右でも心地よい温かさでした。昔は男女に分かれていなくて混浴だったそうです。
f:id:otokutrip:20190328124914j:image

せっかく伊香保温泉へ行ったら、石段街を楽しんだ後には是非、伊香保露天風呂へ入ってみて下さいね!

伊香保露天風呂 | 渋川市観光情報サイト

 

ちなみに、私が伊香保温泉で宿泊したのはフレンチが美味しい「洋風旅館ぴのん 」。温泉も気持ち良くてオススメです。

www.otokutrip.com