オトクトリップ!

オトクな旅の旅行記、ときどき雑記

【冬 富山②】北陸の海の幸食い倒れ旅行2,3日目 富山、氷見

昨年、一昨年とJALのダイナミックパッケージで金沢に海鮮を食べに行きました。金沢で食べたブリもすごく美味しかったけど、もしかして富山ならもっと美味しいブリが食べられるのでは?!ということで、2泊3日で冬の富山に行ってきました。

2日目は氷見へ寒ブリを食べに、3日目はガラス美術館へ行って帰宅です。

f:id:otokutrip:20181223163852j:image

早起きして電車で氷見へ

2日目は氷見へ本場の寒ブリを食べるため、氷見へ向かいます。氷見での朝食は「氷見 魚市場食堂」、昼食はひみ番屋街という施設にある「廻鮮 氷見前寿し」と決めています。
f:id:otokutrip:20181223163516j:image

あいの風とやま鉄道で富山駅から高岡駅まで行き、高岡駅からは氷見線で氷見まで。
f:id:otokutrip:20181223163537j:image

氷見駅で自転車を借りる

氷見駅からはのんびり歩くつもりでしたが、駅に着いたらレンタサイクルがあることがわかったので急遽借りることに。冬季はレンタサイクルがお休みになるそうですが、ギリギリ最終日だったので借りることができました。

f:id:otokutrip:20181223163606j:image

まずはブリ丼

朝ご飯のブリ丼を食べるため、まずは「氷見 魚市場食堂」へ。自転車は寒いけれど、朝の冷たい空気を切って走るのが意外と気持ちいい。
f:id:otokutrip:20181223164001j:image
f:id:otokutrip:20181223163716j:image
f:id:otokutrip:20181223163742j:image
f:id:otokutrip:20181223163812j:image

氷見浜丼というのもあって、朝獲れのお魚を使っているというので迷いましたが、せっかく氷見まで来たのでブリ三昧にしよう!ということで天然ブリ丼を注文。2,800円なのでちょっとビビりました。
f:id:otokutrip:20181223163833j:image

つみれ汁がついていました。テーブルで温める仕様。
f:id:otokutrip:20181223163852j:image
じゃじゃん!天然ブリ丼〜!程よく脂が乗っていて、とろける〜〜〜〜!!!さすが、本場氷見の寒ブリは特別美味しい!!

展望台

チャリでひみ番屋街へ向かうと、海沿いにこんな展望台がありました。ガラスの手すりがちょっとおしゃれ。

f:id:otokutrip:20181223164109j:image

景色はこんな感じです。写真が下手ですが、立山連峰がよく見えていい景色でした。
f:id:otokutrip:20181223164125j:image

廻鮮 氷見前寿し

ひみ番屋街にある回転寿司です。
f:id:otokutrip:20181223164142j:image
f:id:otokutrip:20181223164203j:image

寒ブリ。ブリトロじゃなくても脂がのってて美味しい!
f:id:otokutrip:20181223164216j:image

甘エビ。ねっとりして甘い!
f:id:otokutrip:20181223164231j:image

カニ味噌。これはちみちみ食べて酒の肴にしたい。笑
f:id:otokutrip:20181223164247j:image
えいひれ。
f:id:otokutrip:20181223164453j:image
ブリトロ!!これはやばい!!美味しすぎて言葉にできません。。。
f:id:otokutrip:20181223164512j:image
ひみ番屋街は道の駅なので、レストランだけでなく物販店舗もたくさんあります。こんなぱんぱんに太った氷見の寒ブリも売っていました。1匹5万円とはすごいですね。
f:id:otokutrip:20181223164536j:image

べるもんた

帰りはべるもんたの切符がとれたので、べるもんた(ベル・モンターニュ・エ・メール)に乗車してきました。

www.jr-odekake.netz

ベル・モンターニュ・エ・メール

フランス語で「美しい山と海」という意味だそう。自然豊かな車窓が楽しめる観光列車です。

入線してきました、べるもんた。深い緑と金縁がカッコイイですね。
f:id:otokutrip:20181223164605j:image

なんと1両編成。定員39名と少ないので切符が取れないこともあります。私たちも本当は氷見行きの列車に乗りたかったけど、空きがなかったので帰りで取りました。
f:id:otokutrip:20181223164639j:image

ロゴもかっこいいです!
f:id:otokutrip:20181223164655j:image

海側のカウンター席。こちらの席を取ることができました。海側の窓は長さ2.5mもあり、額縁のようになっています。景色を楽しむための列車というだけありますね。
f:id:otokutrip:20181223164717j:image
こちらは山側のボックス席。この日は団体さんがボックス席にたくさんいて賑やかでした。
f:id:otokutrip:20181223164743j:image

つり革の持ち手は高岡銅器をイメージする銅箔と沿線4市を代表する図柄で装飾しているそうです。
f:id:otokutrip:20181223164842j:image

富山県南砺市の伝統工芸品「井波彫刻」が展示されています。
f:id:otokutrip:20181223164909j:image

車両後方にはお土産売り場。
f:id:otokutrip:20181223164929j:image

すし職人も乗っています。
f:id:otokutrip:20181223164946j:image

車内でほろ酔い♪

 乗車時間は30~40分ほどと短いですが、数量限定の富山湾鮨やほろ酔いセットなど飲食も楽しめます。予約しておくと確実!f:id:otokutrip:20181223164801j:image
f:id:otokutrip:20181223164822j:image
私達は2人でほろ酔いセットを1つ注文しました。選んだ日本酒「苗加屋」がすごく美味しかったです。
f:id:otokutrip:20181223165122j:image
おつまみのセットはこちら。真ん中のホタルイカの沖漬け?がめっちゃ美味しい。お酒が足りなくなってしまいます。笑
f:id:otokutrip:20181223165152j:image

お皿にはこんな刻印が。
f:id:otokutrip:20181223165214j:image

 途中、止まってくれてこんな景色を写真に収めることができました。
f:id:otokutrip:20181223165240j:image
f:id:otokutrip:20181223165255j:image

居酒屋へ行った後、またもやバーアスターへ

 夕飯はまた違う居酒屋へ行きましたが、特に感動したものがなかったので割愛。

夕飯を終えると夫婦で気に入ったバーアスターへ2日連続で行ってしまいました。富山に来たらまたお邪魔したいお店。オススメです。

3日目は1人でガラス美術館

3日目は夫が仕事で朝早く帰ってしまったので、1人でガラス美術館へ行きました。建物は建築家・隈研吾の作品です。

toyama-glass-art-museum.jp

市電を降りるとすぐ見えるガラス美術館。近代的な外観です。
f:id:otokutrip:20181223165321j:image
f:id:otokutrip:20181223165334j:image

内装は木を多用したデザイン。7階まで吹抜けが続いています。
f:id:otokutrip:20181223165355j:image

図書館も併設。
f:id:otokutrip:20181223165415j:image
f:id:otokutrip:20181223165436j:image

ますのすしを購入して帰宅

ガラス美術館を見終わったら、行くところがなくなったのでますのすしを購入して帰りました。

ますのすしはいろんな種類があるらしいのですが、駅前のきときと市場とやマルシェ内にあるますのすし専門店では各メーカーのますのすしが揃っています。
f:id:otokutrip:20181223165541j:image

ででん。種類がいっぱい!味の違いのチャートを見せてくれるので、自分好みのものを選んで購入しましょう。
f:id:otokutrip:20181223165554j:image

 海の幸食い倒れ旅行、美味しいブリや魚をた〜くさん食べられて大満足の旅でした♬

 

www.otokutrip.com